令和元年11月4日、栃木県宇都宮市今泉町で栃木座禅会(担当師家・了空庵堀井無縄老師)人間禅栃木道場落慶式が行われました。


 道場では8時受付開始、9時30分入堂の板木、10時開式、11時30分祝賀会場へ移動、記念撮影、12時30分開宴、14時お開きとなりました。


 人間禅総裁千鈞庵佐瀬霞山老師、名誉総裁葆光庵丸川春潭老師、千峰庵三松無妙総務長他、中央、関西、札幌、新潟、房総、東京、豊前、八王子、茨城、横浜、鹿児島支部他、山口、東京荻窪、仙台、函館、さいたま、知多、水戸各禅会、栃木座禅会(臼杵宗応、大心庵潮州、若林)など、各代表、道友、建築関係者などなど多数の参加者が参列されました。
式次第は10時より全員で会歌斉唱、開式、担当師家による「立教の主旨」朗読、感謝状贈呈、総裁式辞、来賓祝辞(宇都宮市長)、各支部代表祝辞(看雲庵嶢山房総支部長)、道場建設経過報告、担当師家謝辞、三省願文斉唱、閉式、10時52分総裁退場で終了となりました。


コメントを残す

メニューを閉じる