10分でカブトムシを作る?

子供達の運動会シーズンもあっという間に過ぎ、Tシャツから長袖の時期になりましたが、近ごろ愚娘の誕生日にいささか感じたことを記したいと思います。

昨日は一人娘の誕生日でした。小4になる息子が妹にプレゼントを尋ねると、妹は世界一大きいといわれる“ヘラクレスオオカブト”をリクエストしました。
“ヨーシ”とねじり鉢巻きの体でごそごそ折り紙を折り始め、10分も経たぬうちに写真(左)のヘラクレスオオカブトを作り上げました。

参考までに、近鉄四日市の催しものできた本物の写真も右につけました。息子ながらやるなぁ~と感心した次第です。

柔軟に発想し、他人を思いやる

この出来事は少々考えさせられます。
我々は、本来、他人を思いやる優しさ、豊かな感情、柔軟な発想力を持ち合わせており、幼いうちはそれを十二分に発揮します。

ところが、学生、社会人となり、厳しい世の中の荒波にもまれていくうちに、自分という殻を作って本来持ち合わせていた感情を閉じ込め、殻の外の世界に背を向けてしまいます。
当然といえば当然ですが。

最近、小川忠太郎先生の講演録 “剣と禅”を読みました。小川先生は、無得庵小川刀耕という庵号を持たれた我々人間禅の大先輩です。

その中で人間の成長の段階を4つに分けて説明されています。
それは理の修行、事の修行、理事一致、理事相忘です。

最後の段階に達した人は、まったくの初心者と同じになるとのことです。
全然わかっていない小生がいうのも恐縮ですが、自分の持つありのままの心で生きていけるようになるということなんでしょうね。
上記の小川先生が書かれた人間形成の方法は人間禅の中で引き継がれています。

坐禅の合宿で私も鍛えます

そういった訳で、在家の禅、剣禅一致、茶禅一味、作務三昧、公案の工夫三昧、坐禅三昧、数息三昧などに興味のある方は 12月18日(水)~22日(日) に人間禅津・久居道場にて本格坐禅体験会を予定しております。

初心の方大歓迎!!
ぜひおたずねください。

(みえ四日市禅会 田中太玄)


コメントを残す

メニューを閉じる