一切衆生悉有(しつう)仏性

 「柳は緑 花は紅」、これは古来最も人口に膾炙(かいしゃ)した禅語であり、それだけにまた、よく茶掛として揮毫(きごう)される句である。

だが、眼前に見るあるがままの事相を述べたにすぎないこの句を、そのように珍重するのはなぜであろうか。

それは、いうまでもなく、この句が大乗仏教の真理・禅の深い宗旨を含蓄し、それを説くのに適切な美しい句だからである。

では、この句はその裏にいかなる真理・宗旨を含んでいるのであろうか。
 人間はもとより禽獣(きんじゅう)蟲魚(ちゅうぎょ)ないし草木瓦礫(がれき)に到るまで、一切の存在はみな宇宙の大生命、仏教のいわゆる如(にょ、真実のすがた)・儒教のいわゆる天命の発露であり、それぞれに仏性ないし法性(ほっしょう:人間以外のものに宿る仏性をとくに法性という)を円満に具有している、換言すれば「一切衆生悉有(しつう)仏性」だとは、釈迦の悟りの神髄であり、大乗仏教の根本の教理である。

この根本の教理に立ち、仏性ないし法性という本体からみると、人間も万物も、みな同じ宇宙の大生命の発露したもの、仏性ないし法性の体現者として一味平等であり、等しく尊厳な存在である。

しかし他面、具体的に存在する形相や性能・作用から眺めると、人間は人間であり、禽獣は禽獣であってちがいがあり、同じ人間でも男女・老幼・賢愚・美醜の差別が歴然としてあり、万物もまた大小・長短・曲直・黒白と千差万別である。このように一味平等でありながら差別歴然、差別歴然でありながらまた一味平等、換言すれば平等即差別、差別即平等、これが円満で具体的な真理である。平等だけを主張して差別を無視するのも、また逆に差別だけを強調して平等を認めないのも、ともに楯の両面を見ない偏(かたよ)った抽象的な見方・考え方である。

「柳は緑 花は紅」という禅語は、柳も桃花も、ないしは松も竹も、犬も猫も、法性の体現者として平等であることを十分に承知の上で、しかも具体的な形相・作用からみた場合、それぞれに個性をもち千差万別であることを、差別の面に重点をおいて、具象的に説いた句なのである。

「山高川低(山は高く 川は低し)」「桃紅李白(桃は紅く 李すももは白し)」「松曲竹直(松は曲がり 竹は直し」などの句と同じく、平等即差別の真理、『般若心経』にいう「空即是色」の真理を、具象的に表現した句にほかならないのである。

そしてこの句は、さらにまた、「柳は緑、花は紅、松は曲り、竹は直し」というように、万物がそれぞれ個性を発揮しながら存在し、しかもいずれもみなそのままで仏身であり、真如実相であり、個々に尊厳な存在であることを説き、かつ万物が相倚(よ)り相助け合って美しい大調和の世界・涅槃(ねはん:仏の悟りを得た境地)を現成せしめていることをも暗に示しているのである。
 なお、禅家においては、 未だ悟らない以前は、柳は緑、花は紅。
 悟ってみると、柳は緑ならず、花紅ならず。
  悟り了ってみると、柳は緑、花は紅。
と、悟りの境涯の深まりにつれての世界観の向上を図式的に説いている。

そしてここにいう、「柳は緑 花は紅」が悟り了った境涯のそれであることは、今さらいうまでもないであろう。
 「柳は緑 花は紅」というこの一軸は、春の茶席によく掛けられるものである。それはそれでむろん結構である。

しかし、これを単に美しい春の叙景詩として鑑賞するにとどめず、それにこめられた以上のような大乗仏教の真理・禅の宗旨をよく味わっていただきたいものである。


(芳賀幸四郎著 新版一行物 ―禅語の茶掛― 上巻より)


コメントを残す

メニューを閉じる