三重の座禅会

三重県内にも座禅をできる場所が幾つかあります。リストアップするとこんな感じです。

  • 見性寺(三重郡菰野町)
  • 聖寶寺(いなべ市)
  • 四天王寺(津市)
  • 眞福寺(伊勢市)
  • 庭岩寺(津市)
  • 東陽寺(四日市)
  • 三重坐禅道場(津市)
  • 妙法寺(鈴鹿市)

どれも同じで、近所のところに行けばよいかというとそうでもありません。座禅会には大きく2つのタイプが存在します。

知っておいて欲しい座禅会の2つの種類

その2つとは、お寺タイプと専門道場タイプです。その違いを簡単にまとめると次のようになります。この種類分けが分かっていると、座禅会を探して自分が行く座禅会を決める時に役に立つことと思います。

 

 お寺タイプ専門道場タイプ
主催者の主たる事業葬式・法事座禅・参禅指導
監督者住職師家
参禅なしあり
想定している対象檀家、顔なじみ、ご近所さん広く一般、初心者
単発型・積み上げ型単発型積み上げ型
想定される参加シーンお墓参りのついで精神的な修養
 

お寺タイプの座禅会

お寺タイプの中心は、檀家さん

お寺タイプは皆さんがよくご存じのお寺さんでやっているタイプの座禅会です。日本の禅宗は、大きくは臨済宗と曹洞宗があり、三重県内でも両宗派のお寺で座禅会が行われています。そして、このお寺タイプの座禅会が対象にしている主な参加者は、檀家さんです。葬式・法事を主たる事業としている日本の多くの寺院は、檀家制度の下でその数には違いがありますが、基本的に檀家さんを抱えています。彼ら向けのサービスとして、平日または週末に月1程度のペースで行われているケースが多いのが、このタイプの座禅会です。檀家以外にも、住職の知り合いやご近所の方など、参加者は地縁を中心とした“顔見知り”で構成されます。

墓参りのついでの座禅に最適

お寺タイプの座禅会は、一定時間座禅をする、というのがその内容のほとんどで、お寺によっては呈茶・茶話会などが座禅の後に行われることもあります。行くと、住職や住職の奥さんが接遇してくれたりします。座禅はただ座るのみですので、それでよいのですが、1年間毎月通ったからと行って、何らかの進達が実感できるとか、参加カードにハンコが貯まっていくといったことももちらんありませんから、時間をかけて積み上げて修行していくといったスタンスでの参加には向いていません。先祖供養のお墓参りのついでに参加する、といった参加が最も適しているかと思います。

専門道場タイプの座禅会

広く一般向け:座禅をしたい人が誰でも参加できる

次に専門道場タイプですが、このタイプの施設には基本的に墓地がなく、葬式や法事を行うための場所ではなく、専門的に座禅等の修行を行うための場所ということになります。専門的な修行の場と書きましたが、想定される参加者は、僧侶などの専門職業者ではなく、あくまで一般人ということになります。檀家さんやご近所さんということではなく、広く一般に座禅に関心のある方々に、座禅を含めた禅修行の場を提供する場所です。

禅の専門指導が受けられる

お寺では住職が対応してくれると書きましたが、専門道場には法事を行う住職はおらず、代わりに師家と呼ばれる法を継いだ専門指導者がいます。専門家という意味ではお寺のご住職と同じようですが、役割が異なります。住職が葬式を取り仕切るのに対し、専門道場の師家は、参禅の対応をするという違いがあります。参禅とは、修行者と師家が1対1の密室で禅問答を行うというもので、禅宗とくに臨済宗においては、この参禅は座禅とともに重要な修行の方法と考えるのですが、専門道場では師家がいるためにこれが可能ということになります。

単発志向でなく、積み重ね志向

専門道場はそういうわけで、座禅だけでなく参禅があることもあり、専門道場に行くことで体系だった修行プログラムに沿って、中長期の視点で積み上げて修行をしていくことができます。お寺の座禅会が基本的に単発型で毎回の積み重ねといった側面が座禅会に参加していても掴みづらい部分になりますが、専門道場では、それが明示されているということになります。

まとめ

まとめますと、それぞれの理想的な参加者像は、以下のようになります。

お寺タイプの座禅会に向いているひと

檀家になっている寺がやっているのであれば、墓参りのついでに参加するというスタンスの人

  • お茶やお菓子もいただけるかも。ただし、有料の場合もありますから、参加する前に確認してください。
  • 一回こっきりでまさに”体験する”ということでも、住職へのあいさつかたがた行ってみてもよいでしょう。

専門道場タイプの座禅会に向いている人

禅寺にゆかりのない人、初心者の人が座禅への興味というだけで参加したい人

  • 座禅だけでなく、参禅などの機会も提供されているので、真面目に取り組みたい人にはもってこいです。
  • 単発の座禅に物足りなさを感じている人も、中長期の積み上げ型の参加が可能なので向いていると言えます。

最初のリストを区分けしてみる

お寺タイプ

専門道場タイプ

臨済宗曹洞宗
 見性寺(三重郡菰野町) 四天王寺(津市) 三重坐禅道場(津市)
 聖寶寺(いなべ市) 東陽寺(四日市) 
 眞福寺(伊勢市) 庭岩寺(津市) 
 妙法寺(鈴鹿市)  

皆さんの立場や事情に合わせて、自分にあった座禅会を探してみてください。


コメントを残す

メニューを閉じる