看よ 看よ 臘月尽く(三)

「看よ 看よ 臘月尽く」の一軸、歳晩の茶会の掛物としてむろん結構な趣向であるが、単にそれだけのものではない。 「ともに、この懐いを懐いとして一椀の茶を供し、また喫してこそ、一期一会の茶の真旨にかなうと…

続きを読む
メニューを閉じる