本当に棒で殴られるの?

殴られません。何か悪いことをしたら、棒で殴られるのではありません。何か考え事をして座をしていたから、殴られるのではありません。堂は、静かで引き締まった空気がありますが、そこに入るのに特殊な資格が必要という訳ではありませんし、試験があるわけではありません。もちろん、いくつかの決まり事や作法はありますが、しかしそれがわかっていないから、棒で殴られるわけではありません。初めての方がわからないのは当たり前のことです。左右の人を見ながら、見よう見まねでやっていただければそれで構いません。まごまごやっていれば、近くの人が教えてくれる。

お願いしなければ、叩かれない

棒は叩かれたい人が望んで叩かれています。嫌な人は望まなければよいですし、片方の肩の調子が悪いということであれば、それをお伝えいただければ、臨機応変に対応します。大雑把にいえば、座をしていてピリッとしたければ、それを請えばよいわけです。慣れてくれば、その一撃が自身の心持ちや道場の空気を澄んだものにしてくれるものとして、楽しくなってくると思います。念のための確認ですが、堂に暴力はありません。平和を望んでそれぞれが仏になる場所です。

厳格で怖い人が多そう

座禅道場はキビシーところか

道場と聞くと、厳しい顔をした年長者が、毅然として指導に当たっていて、気が抜けない。そんな印象を持つ人がいるかもしれません。なんとなく立ち入りづらい、おっかない場所だと思い込んでしまう人もいるかもしれません。全く坐をしたことがない人や知識がない人は気遅れてしまって近づきがたいと思う方もいらっしゃることと思います。

座禅道場は心やさしい人が集う場所

しかし実際には、それは座道場の実態とは大きく異なります。道場に出入りをする人の多くは、おっかないというよりは優しい人たちです。真剣に仏になろうと座をする純粋な人たちです。初めていらっしゃる人がいれば、皆親切にしてくれます。騒がしいというよりは静かな人が多い印象があります。修行だということで罵倒されたり、肉体的・精神的な負荷で苦しめられるということもないはずです。初心の方に門戸を開いているのが座道場の特徴です。興味本位で覗いて見ても、微笑みで迎えてくれることと思います。

特殊な人だけが行く

座禅会には本当に特殊な人だけが来ているのか

道場なんて聞いたことがなかったし、そんなところに行く人はよほどに志の高い人か、家がお寺の人か、お坊さんか、そうでなければ変わった人なのだろうと考える人もいるかと思います。実際の座道場は、お坊さんやお寺の関係者にも門戸を開いていますが、そう言った人たちは少数派で、ほとんどはいわゆる普通の人たちです。仕事をしていたり、学生さんだったり、シニア世代だったり、主婦だったり、本当にいろいろです。座道場に出入りをする理由は、皆それぞれです。きっかけもいろいろです。それぞれの理由や目的で来ていいのが、座道場の特徴です。

実際には、普通の人たちが集う普通の場所

仕事のパフォーマンスを上げるためでも、人生の疲れを癒すためでも、よいのです。動機はそれぞれ、どういう理由であれ、この文章を読んでいるあなたには、絶対に一度は座道場を訪ねていていただきたいと思っています。

痛くても我慢しなくてはならない

座禅は苦しい修行なのか!?

は苦行を強いることはありません。道場は人が嫌がることを強制する場ではありません。座は、嫌だけど我慢して無理やりやって、頑張ったからご利益があると言ったものではないわけです。苦行、すなわち苦しい修行に意味はないと考えます。は、をしている時間だけを修行の時間とは考えず、瞬間を修行の時間と考えます。一呼吸一呼吸、一歩一歩、全てが修行の場であり、どこにあってもそこが修行の場というわけです。

座禅は、人を幸せにする楽しい修行

が目指している修行の様は、その人がいきいきとその時その時、やっていることに全力で取り組む姿であり、一心不乱に物事に取り組むその横顔です。の時はひたすら座ということになります。何かをしているその人は苦しそうというよりは楽しそうに見えるはずです。そして当人は楽しいということすらも忘れて、まさに無心で取り組んでいるというような状態です。そんな風に生きれるように、道場外でもそうあれるように、そういうことを座を通じて、あるいはそれ以外のことを通じて身につけて行くのがの修行です

自分には関係がない

禅は仕事、スポーツ、趣味、すべてに通じる

うちは宗の檀家ではないし、身近に座をする人もいない。は特に自分とは関係がない、と考える方もいるかもしれません。では、皆さんの中で仕事をされている方はいらっしゃいませんか。ビジネスはと結構関係があります。著名なビジネスマンの中に、を志す人が結構いました。スポーツが好きな人はいませんか。スポーツはと大いに関係があります。有名なスポーツ選手やコーチがをトレーニングとして取り入れた事実はよく知られるところです。美術が好きな人はいませんか。美術とは大いに関係があります。画という直接的なカテゴリーだけでなく、文学や建築など広い意味でのアートに対して強い影響を与え続けています。歴史に関心をお持ちの方はいませんか。日本の歴史では、の思想や僧が大いに時代の流れに影響を与えています。

座禅の効果を見にいこう

自分には関係がない、と思っていた人であっても、知らず知らずにの影響の中で今日我々は暮らしているのです。その影響力はむしろ過小評価されているのではないかとさえ思っています。どんな形で私たちの生活にが息づいているのか、道場での体験はそれを探し出すヒントの場にもなると思います

座禅会の情報は「三重県で座禅会を探してみる」を参考にしてみてください。

そんなことをしても意味がない

座禅の効果を見にいこう

はして何かよいことがあるの?厳密に言えば、は現生利益を志向するものではありませんから、特に良いことはないですよという回答になります。しかし、そう額面ばかりのことを言っていては、せっかくに関心を持ってこれを読んでくれている皆さんにあまりにも愛想のない回答になってしまいますから、少しだけこんな効用が期待できるということで紹介させていただきます。いずれ詳しく別記事にしてお話しできればと思っています。

座禅をしてよかったこと

①悩みが消える:

つまらない俗事にいちいち揺さぶられない心持ち。さらにはそのつまらない俗事を楽しんでやろうという気持ちになる

② 思い切りがよくなる:

枝葉末節を振り払って、本質に直線的にアプローチするようになる。これは仕事のパフォーマンスやスポーツの集中力に繋がることと思います。失敗を恐れない度胸ってやつですね。

③身の回りが綺麗になる:

寺も道場も不要なものを嫌います。要らないものは捨てる、使い物はしまう。チリやホコリは不要、掃除徹底というわけです。これが次のメリットにつながります。

④センスがよくなる:

センスというのは服を選ぶセンスという意味のセンスではなく、感覚という意味でのセンスです。本質を志向し、片付いた部屋で暮らす人に備わってくるのは、敏感で繊細な感覚です。鋭い感覚が豊かな感性を生みます。

⑤創造力が高まる:

は本質に一直線にアプローチすると書きましたが、その結果として慣例や慣行に対して破壊的になり、結果としてそれが創造性と評価されるような発想やアイデアに繋がります。実際にはただ本質そのものにたどり着いているだけのこと、ということではあります。

⑥健康になる:

では呼吸や姿勢に気を配ります。部屋にあってはその掃除。食事にあってはその料理や食べ方に気を配ります。そして早寝早起き。精神的には先に述べたように快活さが備わってきますから、そうなれば健康そのものの人というわけです。

⑦毎日楽しくなる:

身体が充実し、生活が充実するのがであるということが分かってきたかと思います。スポーツやアートの見方も変わってきますし、仕事や家庭と向き合う姿勢が変わってきます。とは楽しいものです。

⑧世界が分かる:

ちょっと大胆な言い方をしましたが、が掴めれてくれば、仏教が分かってきます。うちの寺の住職の言っていることと違うじゃん、というような気づきもあるかと思います。何れにしてもそうしてや仏教が分かってくると、死に対する考え方やお寺に対する考え方と言った、日本人が比較的疎くなってしまったいわゆる宗教観というものが正しく身についてくることと思います。

座禅をする人たちは、危険な集団である

「座禅=危険」は偏見

端的に言いますと、オウム真理教の事件以降、に対する人々の偏見が生じ、それは思いのほか大きいものとして日本社会に残ってしまっていると感じています。座をしている人たちは、何か事件を起こすのではないかと考えてしまうのも無理がないほど、事件のインパクトは大きなものでした。

風評被害を乗り越えて

私たちの考えるや仏教は、人を傷つけて社会を脅かすものではありません。はまず心の平静を目指すものであり、それ以外の何物でもありません。私たちは無理やり人を勧誘したりすることもしません。しないことを幾つか書き出してみます。

私たちがしないこと

①神秘を語らない:

をして空を飛んだり、手をかざして病気が治ると言った奇跡や神秘を語りません。

②反社会的な活動をしない:

毒ガスを作ったり、殺人をしたりしません。今のところ、デモ活動をするとか街宣活動をするといったこともしていません

③苦行をしない:

先に述べたように人を苦しめたり、追い込んだりする修行や活動をしません。

④排他的態度を取らない:

自分たちが唯一絶対に正しいと考えません。皆でこう考えなければならないというようなドグマや、絶対的な存在となるような書(バイブル)といったものがありません。

⑤来るものを拒まない:

私たちは仏教の中の宗、その中の臨済宗に位置していますが、他教の方が来ていただいても構いません。人種、国籍、性別を問いません。障害をお持ちの方、性的マイノリティなど一切を排除しません。

⑥去る者を追わない:

無理な勧誘をしません。よくも悪くも布教活動に対して宗は伝統的に消極的です。

⑦他力を願わない:

前項とつながることではありますが、宗はその体得を最初から最後まで自分でやり通せというスタンスです。やるのも自由、やらないのも自由。そういう意味では冷たい宗教と言えるかもしれませんし、大人の宗教とい言えるかもしれません。やりなさいとも、頑張れとも言ってもらえません。徹底自力というわけです。

以上のような私たちがしないことを読んでいただけると、何となく反社会的活動をするような組織ではないし、道場が悪の巣窟ではなく平和的な穏やかな空間であることが分かっていただけたかと思います。悪いイメージに私たちはとても悩まされています。

日本文化に関わる人たちのものである、剣道とか弓道とか

「道」の正体

剣道や弓道はとの関わりが比較的明確なジャンルと言えます。一味というような言葉もありますし、弓とという名著も有名です。日本には他に柔道、茶道、香道、華道など道がつくものが色々あり、精神的追求を伴う修養体系として「道」まで突き詰めた日本文化はすごい、といった言われ方もします。

禅を「道」と呼んだ

実はこの「道」というのが、すなわちのことなのですが、そのことはあまり知られていません。その発生当初の検証や思想的連関はいずれ別記事にまとめたいと思っていますが、一般的にはやはりこうした習い事をしている人にはは関係があっても、それ以外の人には関係がないと思ってしまう人もいるようです。しかし、そんな狭い範疇にを押し込んでしまっては、実にもったいないというものです。例えば、こんなテーマに興味のある人は、きっとがその世界を深めてくれるはずです。

意外な禅への入り口

アップル:

ジョブスファン、アップルファンはジョブスのZENへの傾倒はよく知られていることと思います。今日もシリコンバレーでは、ビジネス、新規事業、経営とZENがとても近い関係にあります。マインドフルネスという言葉も広がりつつありますね。

②メンタルトレーニング:

スポーツの種類を問わず、メンタルトレーニングとして瞑想や座は大きな効果を発揮しています。

③現代アート:

思想や文化の影響を受けた現代アーティストや作品はたくさんあります。を体験することは、これらの鑑賞を100倍楽しいものにします。実感、実体験こその強調するところです。ぜひ好きなアーティストとその感覚を共有してください。

④俳句:

これは道がついていない文化活動ですが、泰斗である芭蕉はの修行者です。の世界を詠んでいます。だからわびさびの世界なのです。俳句は愛好家も多く、創作も盛んに行われて言いますが、からやろうという人は少数派です。しかし、芭蕉からしてそうなのですから、芭蕉の俳句を味わうにしてもを体得しているのとそうでないのでは、楽しみ方も味わいも変わってきます。

稲盛和夫:

稲盛和夫のサンマーク出版の本は人気がありますね。ビジネス系の自己啓発本としては、異例のロングヒット本だと思います。稲盛さんも者です。芭蕉ファンがをやらないように、稲盛ファンも座らない人が多いようです。ぜひ稲盛さんの本が大好きというかたは、修行をしてみてください。稲盛さんのことが分かる近道になるはずです。

ベジタリアンフード:

とか仏教では精進料理と言いますね。東京オリンピックを基点にますます訪日外国人が増えると飲食店でベジタリアンメニューを用意するところも増えて来ることと思います。また、健康志向という観点でベリタリアンレシピに自宅で挑戦してみるという人も増えてくるかもしれません。日本の宗では、曹洞宗の道元が調理を修行の一環として強調したことで、調理・食事を重視する伝統が続いています。伝統的なレシピから、現代的なレシピまで精進料理のレパートリーは多彩です。

戦国武将:

戦国武将で修行をしていない人はむしろ少ないと言えます。武田信玄、上杉謙信、徳川家康。それぞれにブレーンとして僧を抱えていたりもします。戦国時代だけではありませんが、戦国の時代とはとても大きな関係があり、は戦国武将に大きな影響を与えています。歴史ファン、戦国時代が好きな人は、ぜひ座っていただきたいものです。日本の歴史が、自身の体験を通じて違ったものに見えて来るはずです

いかがでしょうか、部分的ですが、剣道、弓道に限らないにまつわるキーワードを挙げてみました。ぜひ自分には関係がない、などと思わずに一歩踏み出して、実際に体験してみていただきたいです。

お寺のお坊さんがやるものである

座禅はお坊さんだけのものではない

道場にはお寺のお坊さんもやってきますが、そのほとんどは一般の方で仏教のプロというのは少数派です。実はお釈迦様の時代から、仏教は専門修行僧だけのものではなく、広く一般向けのものとされてきました。専門修行僧以外の家庭や仕事を持って仏門に入った人のことを在家とか、居士といったりします。ですから家庭や仕事を持った人たちの前のことを、在家とか、居士と言ったりします。お釈迦様は、広く一般に仏性があると言ったわけですから、広く一般に仏門が開かれていることは当然と言えば当然のことです

座禅はみんなものである、昔から

広く一般(衆生と言ったりします)に向かって説き、維摩(ゆいま)という有名な在家もお釈迦様の周りにいたりしました。維摩の話は、維摩経という本に書かれていて、聖徳太子以来読まれている有名な本なのですが、この中で維摩は実に実社会の中で楽しく仏教をやっています。お釈迦様の中でも屈指の弟子だった維摩は、有名な文殊菩薩なんかもあっさりやり込めてしまうと言った場面も書かれています。

本来の禅は、葬式を知らない

道場は、こうした仏教の正当な伝統に則って、広く一般の人たちのための場としてその門戸を開いています。やはりお釈迦様がそうであったと言われているように、葬式・法事の類を軽視し、その人本人の修養に主眼を置いています。ですから、座道場には墓地も位牌もありません。死後の世界を語る人もいません。今日、広く一般の人たちがよりよく生きるための土台づくりの仏門がそこにあるというわけです。ぜひ構えずに気軽に、その戸を叩いてみてください。

ごくたまに愛好家がいるらしい

あまり知られていない岡田武史と座禅

瞑想や座はやる人はごく稀である。そんな人にはあったことがない。それは事実かもしれませんが、必ずしも座をする人が少ないとは限りません。サッカーの岡田監督は大事な試合前に15分ほど座るのだそうです。うまく座れると必ず勝つ、というジンクスもお持ちのようです。今はサッカーチームの会社経営をしていらっしゃいますね。実業団のサッカー選手から、日本代表の選手、そしてコーチ、日本代表の監督、Jリーグの監督しての連続優勝、そして今は経営者と、常に人生を開拓されていらっしゃいますね。をやっているんだ、と周囲に語る人は少ないですし、何となく憚られる風潮があるかと思います。

意外

あなたの身近にも実はやっているという人がいるかもしれません。岡田さんもそれほど積極的にそのことを語ってはいません。スポーツの世界ですら、そんな感じですから、それ以外の場ではもっと言いづらい雰囲気があるのではないかと思います。少しずつ変えていければと思っています。

おわりに

いかがでしたでしょうか。少しでも座に対する偏見が是正できたなら嬉しいです。


コメントを残す

メニューを閉じる