座禅で美しくなれるのか

座禅をしている栗山千明さんの様子が、雑誌に掲載され、それが美しいと話題になりました。坐禅は人を美しくする力があるかもしれません。坐禅は瞑想とは違うのですが、座禅に加えて瞑想などを含めると、結構やっている人がいるようです。ネットで調べると次のような人たちの名前が出てきました。

座禅や瞑想をしている美人さん

  • 栗山千明
  • ミランダ・カー
  • ジェシカ・アルバ
  • アリ・ステファンズ
  • ラケル・ジマーマン

日本では若い女性が瞑想をしていると、ヤバイ人と思われてしまうのかもしれません。そんな空気を打破して、すっと座れる女性。それはきっと美しい女性でしょう。どうあれ、座禅や瞑想と、美しさってどういう関係があるんでしょうか。少し考えてみましょう。

外見的には

姿勢がよくなる

坐禅をしているときには、何も考えてはいけないなどと言いますが、まったく何も考えない訳ではなくて、呼吸の数を数えることと、正しい姿勢を維持することへの意識は持ち続けます。正しい姿勢を集中して維持することは、その後の日常生活にも継続されます。あごをひき、背筋を伸ばし、腰を立てた姿勢は、外見的に美しい印象を与えます。

穏やかな表情

腹式呼吸で、副交感神経が刺激されて、とても心地の良い時間を過ごすことになるので、多くの仏像がそうであるように、微笑を口元に携えるような表情になる人が多いです。仏像の表情をみて不快を感じる人はいませんよね。むしろ、手を合わせたくなるというものです。思わず手を合わせたくなるような穏やかな表情を、座禅を通じてぜひ体現してみてください。

内面的には

美人ってどんな人を想像しますか。顔・かたちの美しさだけでなく、落ち着いた感じの人といった印象がありませんか。がちゃがちゃ慌てた美人というのは成立しづらいですよね。古来、あらゆる文明が美人画を描いてきていますが、顔・かたちの美醜は文明によりますが、大慌ての女性というのは美人画として描かれづらいものです。坐禅は、心を落ち着けます。あなたの想像する美人や、理想の女性もきっと落ち着いた印象を当たる人のはずです。

環境的には

坐禅道場では、掃き清めて、身なりを整えてから座禅をします。ご自宅で座禅をする場合でも、片付いた部屋で実践して欲しいと思っています。余計なものを置かない習慣は、その人を美しい人にしていきます。美人は顔・かたちだけではないですからね。開いたバックの汚い人は、美人とは言えませんよね。身なり、周囲の片付いている習慣が座禅で身に付きます。

美味しいごはん

禅の基本的な料理は、精進料理です。精進料理は野菜だけで作りますから、それを食べていると味に敏感になります。添加物に敏感になりますし、味覚の鋭さが増すと、他の感覚も釣られて鋭くなっていきます。体のセンシングが鋭くなれば、自分の食べるものだけでなく、着るもの、読むものの選択が正しくなりますし、鋭い感性で周囲の人によく気が付く人になれます。美人らしい感じになってきましたね。

まとめ

幾つか推察してきましたが、メイクやファッションの話は出てきませんでした。でも、本質的な話になったのではないでしょうか。遠回りが近道、なんてことはよくあることです。ただ座ることが、美人への近道だったなんて!


コメントを残す

メニューを閉じる