名将の秘訣

スポーツの世界には名将という存在がいますよね。その人の率いたチームは、それまでとは別のチームのように強くなったり、実行した作戦が見事に上手くいくといった神がかったことが起こります。誰ソレマジックといった表現がスポーツ紙の見出しになったりします。一発勝負で強いこうした名将たちですが、それだけではなく、毎年のように強いチームを作る、何十年も優れた選手やチームを作り続けるといった長期の業績がなければ、名称と称されることはありません。

事例としてのNBA

ここでは、フィル・ジャクソンというバスケットボールNBAの歴代も最も優れたコーチを取り上げてみたいと思います。フィル・ジャクソンは率いたチームが11回優勝するというダントツのコートとして業績があり、配下の選手にはマイケル・ジョーダン、コービー・ブライアント、デニス・ロッドマンといったNBA屈指の看板選手がいました。彼のチームづくりやバスケットボールの戦略・戦術は専門外なので分かりませんが、一つ他のコーチとまったく異なる点があり、それは彼のあだ名に象徴されています。

禅をマスターする

フィルジャクソンは、禅マスターと呼ばれています。彼自身が禅に傾倒していて、その選手にも禅をやるように要求したからです。具体的な証言がたくさんあって、「突然狭い部屋に閉じ込められて、静かに座って、呼吸に集中しろと言われ、最初は戸惑った」というようなものです。スピードやパワーなどの個人の身体能力や、ハンドリングやシュートなどの個人のバスケットスキル、そしてパスワークや戦術理解といったチーム練習とも異なる謎のフィル・ジャクソンのこの練習には、多くのNBA選手が最初は戸惑ったこととと思います。

鬼のように座禅する

瞑想という言葉で語られもするこの、狭い部屋で、静かに座って、呼吸に集中するという練習ですが、これは完全に坐禅の手法ですよね。最初は戸惑った選手たちも、名将に言われてしまったし、やってみるとパフォーマンスも上がるということで熱心に取り組んだようです。試合中鬼と化すマイケル・ジョーダンやコービー・ブライアントは、練習への取り組みも恐ろしいほどの執拗さで有名ですから、きっとこの不思議な練習にも相当の気持ちで取り組んだことと思います。実際のコービーの証言も出ていますね。

今は、あらゆるスポーツの練習に取り入れられている禅の坐禅メソッドですが、本当に正しく、かつ全力で取り組んだ事例というのは少ないかもしれません。優れた名称と優れた選手、その信頼関係によって坐禅メソッドは大きな成功を収めたとも言えます。ではなぜ、坐禅がスポーツで成功を収めたのでしょうか。

心技体は、大事なもの順に並んでいる

スポーツ心理学の世界では心技体のこの順番を重視したりしますね。心がいちばん大事だと。そして多くの選手は逆で、技や体の練習ばかりすると。仮のスポーツの要素がこの3要素だとして、その掛け算でパフォーマンスが決定するとしてみましょう。それぞれ最大が100%で、全て100%なら 、

心(100%)*技(100%)*体(100%)=100%

のパフォーマンスということになります。 スポーツ心理学の専門家が指摘するように、当日の心のパフォーマンスが低ければ、

心(30%)*技(100%)*体(100%)=30%

と、持っている力の半分も出せないという事態が生じます。 逆に心の練習を積んでいれば、技や体は劣っても

心(80%)*技(80%)*体(80%)=51.2%

で、逆転可能という計算になりますね。

コービーから何を学ぶべきか

フィル・ジャクソンのチームは、チーム全体でこれをやるわけですから強いというわけです。試合当日の特に最終盤の場面で、心の点数が高く、冷静さを失わずチームへの信頼を失わず勝利への執念を減らさないチームと、心の点数が低く、土壇場で冷静さを失い慌ててしまったり、チームメートへのフラストレーションを溜めてしまったり、コーチに不信感を募らせてしまったり、もう勝てないのではないかと諦めが一瞬頭をよぎるチームでは、結果が大きく異なるということも言えるかもしれません。禅マスターの禅パワー、すごいですね。

心の修行を禅門で行いたいというアスリートへ

ぜひ人間禅の専門道場にいらしてください。禅寺では受け入れが困難なスポーツのパフォーマンス向上のための前も、ここでは対応が可能です。人間形成として禅を位置づけて実践しているので、多くの学生スポーツの本当の目的である、社会人としての自立や精神修養といった目的にピタッとあったものができることと 思います。短期、単発の坐禅で良い試合の結果を得たいとお考えの方はご遠慮下さい。長期の地道な取り組みです。名将や名選手が日々積み重ねたように、コービーのようにその後の生活にも取り入れているようにです。ファッションのように皮相を見習っては、願った成果は永遠に得られません。


コメントを残す

メニューを閉じる